開拓の祖・・・・

    北海道の帯広地方を開拓した中心的人物に
    依田勉三という人物が居ります。

    その人が読んだ句に・・・・

   ”開拓のはじめは、豚と、ひとつ鍋”
 

    と・・あります。




    d0244364_16233797.jpg
                        











 






  




    明治時代に本州から蝦夷地(北海道)へ
    開拓に入った人たちの家財道具は、家畜の
    豚、一匹と、鍋がひとつ、程度であった
    らしいですね・・・・はい



    そんな、粗末な準備で原始時代に近い生活を耐え
    開拓に汗を流したとのことらしいです

    我々、道産子三代目の祖祖父母にあたる年代に
    あたる人たちです。



    それが、現在は日本一の畑作農業地帯に
    変身しています。

    この豊穣の大地を、勉三さんたちに
    一目、見せてあげたいものですね  

              ↓                   


d0244364_16394388.jpg

                                (帯広市川西地区にて撮影)





    そして、この素晴らしい北の大地の風景を
    いつまでも、残したいものですね。

    TPPの成り行き次第で、この大地が昔の
    原野に戻ってしまうかも?
    ・・・・と、地元の農業関係団体は主張して
    いますが、本当にそうなるのか?

    他方、農業は過保護だとの意見もあるらしい?


    明日は、どっちだ~(汗)   


    

    余談ですが、帯広の六花亭というお菓子屋さん
    の代表的な名菓に ”ひとつ鍋” というのがあります。

    鍋の形をした モナカ ですが   
    甘党の北旅の好物です・・・・♪
[PR]

by jyuujin | 2013-02-28 06:00 | Comments(14)

来ましたね~!

    来ましたね~
 

    何が?って?

    ベルさんのページで
    いつも拝見していた

    キレンジャクが、我が庭へ・・・♪



d0244364_1111671.jpg




                        初めてかな?
                        我が庭で見るのは・・・・

d0244364_1121577.jpg


































  ツルバラの実をさかんに
  食べてました・・・

d0244364_1131796.jpg





d0244364_1134889.jpg








































                   逆光で、窓ガラス越しの撮影ですので
                   ベルさんの写真のように、

                   ハッキリ、クッキリとは撮れませんが

                  「 撮り鳥」ではない、小生としては・・・・


                    満足、満足です・・・・はい
[PR]

by jyuujin | 2013-02-27 06:00 | Comments(18)

この人、様子がおかしいぞ~?

        24~25日に行った仲間との、定山渓温泉でこんな
        出来事がありました・・・

        我々の仲間のなかでも、他人への心配り、気遣いが
        抜群のU 君が風呂から帰ってくるなりこんな話しを・・・

        驚きで・・・でした!

d0244364_2222280.jpg




       U 君が浴槽へ入ろうとしたところ先客に不思議な
       格好で入浴中の方が・・・年恰好は我々世代か?
       
       浴槽の縁に頭を載せて、手足を浴槽の中で浮かせて
       バタバタと動かしている人がいたらしい。

       『ん? 水泳の練習か? 迷惑なヤツだ~』と最初は
       軽く考えていたらしいですが、どうも様子がおかしい?

       他の客たちは、関わり合いを避けて早々と洗い場へ
       移ってしまうなかで、さすが、U 君が観察を続けて
       いると、なんと、今度は、そのままヅルリと、浴槽の中に
       沈み込んで、また手足をバタバタさせている???


       さすがに、U 君もここで異常を感じ、フォロントへ
       連絡し、その方を引き上げたところ、案の定・・・
       呂律は回らず、歩くことさえままならぬ状態で、かなり
       水を飲んでいて、救急車の出動とあいなった、らしいですね。


d0244364_2228884.jpg













       そうです、深酒?をして温泉に入り、脳卒中(多分)を
       起こしたらしい・・・・・!


       酒を飲んだ後に、入浴はするな! の教訓があるらしい
       ですが、まさに、その現場に遭遇したということです。


       聞くところによりますと、韓国の観光客らしいですが、
       U 君の冷静な観察力と、他人への配慮がこの人の
       一命を救ったともいえるのかも? です。



       飲んだら、入るな! ・・・・ですよ皆さん!
[PR]

by jyuujin | 2013-02-26 06:00 | Comments(18)

桜の咲くころにまた集まろうや!

今でも時々集まっている高校時代の
仲間と、温泉に浸かりながら、久振りに
語り合いました・・・・

ミニクラス会でした。


・・・『俺は、毎晩いろんな薬を9種類も飲んでるぞ~』

・・・『俺は、毎月三か所の病院通いだ~』

・・・『孫二人が同居することになり、毎日、二度、洗濯だ~』


お互い70年の人生を経てくると、それぞれが、自身の健康のこと
親の介護のこと、子供のこと・・・それぞれに気がかりな事項を
抱える年齢になっています・・・

でもこの仲間たちの良いところは、それを明るく笑い話的に
語り合える、そんな雰囲気がよくて、北旅もこの集いに参加して
いるのかも・・・・♪



d0244364_19353344.jpg

















 定山渓温泉でのミニクラス会、札幌方面は
 20cmくらいの降雪でしたが、無事楽しく
 終えることが出来ました・・・

 今でもハーレーを乗り回している幹事役の
 S氏に感謝です。

 
 『桜の咲くころに、また、集まろうや!』
 ・・・・と解散しました。
[PR]

by jyuujin | 2013-02-25 19:45 | Comments(2)

定山渓温泉へ行ってきます・・・・

   札幌の奥座敷と言われている定山渓温泉・・・

   そこからさらに車で20分ほど進みますと
   中山峠という場所に辿りつきます。

   そこからは、蝦夷富士(羊蹄山)が、素晴らしい
   姿を見せてくれます…↓


   明日、明後日と、札幌近郊在住の高校時代の
   旧友たちと、その定山渓で、ミニミニクラス会で
   出かけてきます。




d0244364_19501839.jpg




   ただし、天気予報では、両日とも大荒れの予報!

   羊蹄山の写真は、多分撮れないでしょうから、
   ・・・・・・在庫写真で紹介させていただきますね。

   
   蝦夷富士と呼ばれるだけに、富士山とそっくりですよ~♪
[PR]

by jyuujin | 2013-02-23 06:00 | Comments(15)

心の更新のために・・・・

      あたりを彩輝に染めて、陽は昇り、陽は沈む・・・


      何億回と繰り返しているのに、

      その新鮮さ・・・・!




d0244364_1359399.jpg





  それゆえに、自分は、その光を吸収する・・・・



d0244364_1403188.jpg




























    今日の充実のために、


    そして、心の更新のために・・・・




    イメージ通りの写真が撮れた時の
    気分は、サイコ~


  人生、いつでも、今が一番!


    
[PR]

by jyuujin | 2013-02-21 06:00 | Comments(20)

蛍の光、窓の雪・・・

          蛍をあつめて、その灯りで読書に励んだ・・・
          また、窓から差し込む雪の明かりで勉学に
          励んだ・・・・
          中国の古人にそんな苦学をした人が居たらしい。
             (ホントかな???)


          勿論、電気なんか無い時代のことですがね。


          現在、我々の生活は・・・空気、水、電気は、ほぼ
          無尽蔵に近い形で、いつでも重宝に、なに不自由
          なく使ってきましたよね。




d0244364_22192133.jpg

          ところが、最近はそうではなくなってきたのかな?


          あの広大な中国で、空気が汚染され尽くして
          思いっきり、深呼吸ができないらしい、その影響が
          わが国にも・・・・?

          水も、天候不順が続くとたちまち水不足がいつ起きても
          不思議はない、

          さらに、原子力発電に頼りきってきたつけが、先般の事故で
          一気にふき出して、 ドタバタしてますね~(汗)       




  
d0244364_22564965.jpg



















   東京から富良野に居を移して20年になるという、
   あの倉本聡さんがこんなことを言ってました・・・・




    『高度成長期以降、給料はどんどん上がり、生活環境は
    便利になり、豊かさの追求は止まることを知らない・・・
    そんなことがいつまでも続くわけが無い!・・・・と
   
    そんな中で起きた原発事故、我々にいろんなことを考え
    なおす為の試練、教示なんだ 』・・・・と

    『もし、我々の生活を1970年代レベルに戻すなら、電力は
     原発がゼロでも、余るだろうな~』 とも・・・!

    『しかし、そんなことはできないだろうが、電気、空気、水は
     無尽蔵ではない、タダではない、そして供給が完璧では無い
     との認識を改めねば、さらに、便利さ、豊かさばかりを追及
     してきた生活を見直す時かも ? 』 ・・・と
   

    そんなことをコラムに書いておられました。      



    今年も、各地の学び舎から・・・♪ 蛍の光、窓の雪~♪
    の、歌が流れてくる時期になりました。


    我が家では、全員が毎日1時間早く寝ることにしました~
         
    おっと~ そろそろ、小生の就寝宣言時刻のPM11:00です
    もう、寝なくちゃ~  


    皆さん、おやすみなさ~い笑)














      
[PR]

by jyuujin | 2013-02-19 22:45 | Comments(10)

どうでもいい話しですが・・・・

    



    色の感覚は、人によって様々なようです。

    例えば、太陽の色は、日本ではほとんどの人が
    『太陽は赤』とのイメージらしいですが、ある心理学者が
    統計をとりましたら、ほとんどの国では『黄色』と
    答えるらしいですね・・・・・はい



d0244364_22145072.jpg





                    ↑ 
  どっちでもいい、話しですが多少気になりましたので
  北旅めの撮った写真を、確認してみましたら・・・・・
  ありましたね~  確かに、黄色い落日の写真が!

              ↓



d0244364_13115124.jpg
































              
  と、いうより、太陽そのものの色はほとんどが
  白く写り、周りが赤くなって写っているのが
  ほとんどですね・・・

  で、地表スレスレまで姿を見せてくれた時に
  初めて、太陽個体のいろは、かろうじて
  このように黄色に写るようですね・・・・はい




  日本人が太陽が赤のイメージを持つのは
  あの [日の丸国旗] の
  赤の印象が強いせいかも?


  どうでもいい、話題で恐縮です・・・(汗)















    
[PR]

by jyuujin | 2013-02-19 06:00 | Comments(12)

雪国の慕情

         昨夜、こんな写真が撮れました・・・
          

         演歌のレコードのジャケットの
         ような写真ですね・・↓

         キーワードは「慕情」かな?


d0244364_1373621.jpg



         
         石原裕次郎主演の日活映画…夜霧の慕情
         八代亜紀のヒット曲 ・・・雨の慕情
         その他 …京都慕情、奥飛騨慕情、釧路慕情
         など、マイナーな歌もありますが・・・

         さらに古くは、 アメリカ映画全盛期の頃の
         慕 情 という名画もありました。

         う~ん、どれも昭和のイメージですね、


         でも、この写真に題名をつけるなら
         やはり…『雪国の慕情』 ですかね(笑)


         昭和っぽいですね~やはり、でもね
         昭和に生まれ、40年以上も昭和の中で
         育ち、生活してきましたから・・・・はい



         平成ではおまけの人生を過ごしています
         ・・・ハハハ(汗)
[PR]

by jyuujin | 2013-02-18 06:00 | Comments(14)

ミニコンサート

 
  小さなコンサート会場では、



  演奏者の息遣いが聞こえる

  指がギターのフレットを滑る
  音が聞こえる・・・

  音楽って、そんなミニコンサートで
  楽しむのが原点なのかも?
  



d0244364_22134025.jpg



























 

   我が街では、そんな小さな
   コンサートが・・・・

   ・花屋さんのガーデンで・・・
   ・酒屋のお店の中で・・・
   ・道の駅の中で・・・
   ・喫茶店の中で・・・
   

   ワンドリンク付きで
   2千円とか3千円とかの
   手ごろなチケット代で聴く
   ことができます。  



d0244364_22141452.jpg





d0244364_22151268.jpg



























   以前に、そんなコンサートを
   市民が企画し運営するグループの
   お手伝いをしていたことがありました。
   (雑用係り、専門ですが・・・(笑) )




   でも・・・    

   コンサート活動を主に
   やっているアーチストさん
   って、実力派が多いですね~

   
   そんな、ミニコンサートって
   わるくないですよ~♪


  
[PR]

by jyuujin | 2013-02-16 06:00 | Comments(12)