義母の7回忌でした・・・

 早いもので義母が亡くなってから7年の
 歳月が経ちました・・・・

 正式な法要の形はとりませんでしたが、義母の
 娘夫婦、孫夫婦、ひ孫たちの総勢17名が集い
 墓参りをして、その後、会食をしました・・・♪



d0244364_174241.jpg



d0244364_1761668.jpg


d0244364_1765172.jpg











































  忙しい一週間でしたが、関東に在住の義妹一家とは
  久々の再会で、賑やかで楽しい数日間を過ごしました

  
  最近の墓は『◆◆家の墓』との表示は少なく、 我が家の
  墓も 『絆』 の一字を大きく記してあります

  まさに、久々に義母の娘夫婦、孫夫婦、ひ孫たちが集い
  賑やかにまさに『絆』を強くした数日間でしたね・・・・♪


  今度このメンバーが集まるのはいつかな~?
  多分、北旅の葬儀のときかもな~  アハハ

















[PR]

by jyuujin | 2017-08-03 17:18 | Comments(10)

Commented by 三面相 at 2017-08-03 18:57 x
ご家族で揃われることに意義があるのですよね。
素晴らしい法要の形かと思います。
故人を偲びそして今ある者がお互いに助け合うですね。
Commented by 大連三世 at 2017-08-03 19:22 x
我が家でも来月法要を予定してます。
9月半ばに母の13回忌、年明け1月半ばに父の7回忌
過ぎてしまいましたが1月には叔母の13回忌でしたので
まとめて身内だけでお寺さんへ行って法要をしたいと思ってます。
一人大分にいる弟に久しぶりに会えます。
Commented by 北の旅人 at 2017-08-03 22:19 x
◆三面相さんこんばんは・・・
 確かに、故人の供養の意味の法要も、何年か
 区切りに故人が親族が集まる機会を作って
 くれて絆を確かにするための仕組みなのかも
 しれませんね・・・♪
Commented by 北の旅人 at 2017-08-03 22:27 x
◆大連さんこんばんは・・・
 最近はこうした法要も三回忌くらいまでで
 それ以降は簡素化の傾向があるようですね
 でも、こうした慣例があるおかげで疎遠に
 なっている親族の旧交を温める機会でも
 あるようですね。
 地方の末寺の経営も時代の流れで厳しい
 モノがあるようですね。
 葬儀関係を一切省略した直葬なんてやりかたも
 最近は増えてきたようですね(汗)
Commented by imaipo at 2017-08-04 08:34 x
おはようございます
家族が揃うのも徐々に少なくなってきてます
昨年私は手術の時は家内の立会だけで
くるのが大変だからと気をつかたっつもりだったんですが
病院で勢ぞろいは嫌ですね。(笑)
Commented by ヒューマン at 2017-08-04 09:11 x
おはようございます
こういう機会でないと家族が集まりにくくなっていますね
ある意味、楽しい時間でもあり、供養でもありますね
Commented by ベル at 2017-08-04 11:32 x
おはようございます♪
義母が亡くなって1年余りですが、一年の法要も新盆も、
何もしてあげられなくて、やっと先日義母の遺影と仏様が有る、
香川の義弟宅へ行く事が出来、ホッとしてます。
義母の死後、義弟の奥様が体調を崩され、訪問する事が出来なかったのです。
大好きな義弟の元では、嫁と合わず暮らす事ができなかった義母でした。
松山で葬儀を済ませた後、直ぐに義弟と香川に帰りましたよ。
こんな時しか、男同士の兄弟が会うことはないですね(^^ゞ
Commented by 北の旅人 at 2017-08-04 14:43 x
◆imaipoさんこんにちは・・・
 そうですね、北旅も男ばかりの兄弟ですので
 特に両親が亡くなってからは、顔を合わせる機会も
 減りましたね~
 祝い事で集まるのはもうありませんので、
 今度顔を合わせるのは、誰かの葬の時ですかね(汗)
Commented by 北の旅人 at 2017-08-04 14:47 x
◆ヒューマンさんこんにちは・・・
 仰るとおりですね、1年、3年、7年ごとに
 親族が集まれるように故人がその機会を与えて
 くれているのでしょうね、北旅もいずれその
 役目が巡ってきそうですね(汗)
Commented by 北の旅人 at 2017-08-04 14:54 x
◆ベルさんこんにちは・・・
 義母夫妻は三姉妹ですが、長女と三女は
 長男と結婚してまして、北旅は気楽な5男坊
 ですので、仏壇と墓は我が家で管理することにしましたよ。
 北旅の家も娘二人ですので、仏壇も墓も
 我が夫婦の没後は永代供養にしていいぞ、と
 娘二人には言い伝えてます。