写真甲子園


   夏の高校野球の地区予選がたけなわですが・・・



   いまやすっかり有名になった『写真甲子園』が
   夏の美瑛の周辺で開催中です。



   今年のテーマは、美瑛町にあるこのシラヒゲの滝を
   テーマとした写真だそうですね
   我々が撮ると、オーソドックスにこんな構図で無難な
   記録写真になってしまいますが?

            ↓


d0244364_12311955.jpg





 発想が豊かで、センスのいい若い高校生の感性で
 撮った写真はどんな表現をするのか?

 楽しみですね・・・♪



 それを評価するプロのコメントも興味がありますね
 孫姫たちの写真部は地区予選でボツだったらしいですね。









   



[PR]

by jyuujin | 2017-07-27 12:38 | Comments(14)

Commented by 三面相 at 2017-07-27 12:45 x
写真甲子園は東川町で行われるんですね。
美瑛にこのような滝でしたか、
明日までのようですが高校生頑張ってほしいですね。
当地では8月に入ってすぐ漫画甲子園があります。
Commented by getteng at 2017-07-27 15:33
北の旅人さん
貴兄の写真で十分だと思うのですが、高校生のものはまだ凄いものなのですか?
Commented by たんたか at 2017-07-27 17:02 x
こんにちは!
写真甲子園は予選があるんですか!
どんな写真の撮り方をするのか楽しみですね
Commented by 北の旅人 at 2017-07-27 17:07 x
◆三面相さんこんにちは・・
 写真の街と名乗っている東川町で毎年この時期に
 開催されてますね。
 例年は人物を主体としたスナップ写真が多いのですが
 今年の題材は風景(滝)ですので興味がありますね・・・♪
Commented by 北の旅人 at 2017-07-27 17:10 x
◆gettengさんこんにちは・・・
 多分、我々の予想外の構図の撮り方の写真が
 出てくるのでしょうね、そういう意味では
 興味がありますね、審査委員長はあの立木義弘さん
 ですのでどんな作品を選ぶか?興味がありますよ。
Commented by 北の旅人 at 2017-07-27 17:15 x
◆たんたかさんこんにちは・・・
 各高校の写真部から作品を送付して、その中から
 本戦へ進む学校を選んでるらしいですね
 野球と同じで顧問の先生の指導力に左右されるようですね。
Commented by 大連三世 at 2017-07-27 20:12 x
北関東ブロックでは群馬県は残念ながら落選したようです。
栃木の二校が出場してますね。
野球の方は今日決勝戦があって、県内強豪前橋育英と健大高崎の戦いで前橋育英が甲子園進出です。
再び再び栄冠を狙って出場します。
Commented by imaipo at 2017-07-28 08:29 x
おはようございます
どのような写真が選ばれるのか
楽しみです、
Commented by ヒューマン at 2017-07-28 09:08 x
おはようございます
ヒューマンの高校時代 カメラなんか持てなかったですね
勉強一筋(嘘です)でした
Commented by ベル at 2017-07-28 12:24 x
こんにちは♪
こちらには、俳句の町なので、俳句甲子園が有りますね。
テレビ番組プレバトの、夏井いつきさんが深く関係してます(*^^*)



Commented by jyuujin at 2017-07-29 06:57
◆大連さんこんにちは・・・
 撮影のテーマは三つ日間で毎日変わるらしいですね
 自然とか、くらし、とか? 
 昨日終了し和歌山県の神島高校が優勝した
 らしいですね。       (北の旅人)
Commented by jyuujin at 2017-07-29 07:01
◆ヒューマンさんこんにちは・・・
 ハハハ、同じですね北旅もカメラを持ったのは
 就職して数年してから当時流行りのオリンパスペンでしたね。
 ハーフサイズで36枚撮りが倍の72枚も
 撮れるヤツでしたね・・・♪(北の旅人)
Commented by jyuujin at 2017-07-29 07:03
◆imaipoさんこんにちは…
 今朝の朝刊に結果は載ってましたが、作品は
 紹介されてませんでしたね、夕刊には掲載
 されると思いますよ…♪   (北の旅人)
Commented by jyuujin at 2017-07-29 07:07
◆ベルさんこんにちは
 俳句甲子園ですか、面白そうですね・・・♪
 あの俳句のオバさんは時々TV番組でみますが
 なるほどと思わせる専門的な講評に感心する
 コメントが聴けますよね.   (北の旅人)