開拓の始めは豚と一つ鍋・・・・

    以前に、北海道の帯広方面に開拓に入った
    依田勉三の詠んだ句を紹介したことがありましたが




    ”開拓のはじめは、豚と一つ鍋”





    この句の解釈を、勘ちがいしてましたね・・・・

    当時、北海道へ開拓に入った人たちの家財道具は
    家畜の豚と煮炊き用の鍋が一つの貧弱なものだった・・・
    と勝手に解釈してましたが、

    違いましたね~ この句の意味はもっと、もっと、厳しい
    開拓者の心情を意味しているのだと !


    つまり、 作物を作ってもバッタの大群にやられたり、天候不順で
    気温が上がらず、収穫がゼロに近い年もあり、     
    そんな時は、食糧にこと欠き、 豚の餌用に煮炊きしていた鍋で
    アワ、ヒエに野草を混ぜた、豚用の餌を一つの鍋で煮て、人間も
    それを食べて、耐え忍んだという意味らしいですね・・・・はい




d0244364_14544819.jpg



               ↑
    写真は、小生が借りている、野菜畑の地主さんが飼っている
    養豚場の豚さんたちです。

    どれも、肥えてますね~餌も、輸入した栄養豊富な飼料を
    与えているらしいですね・・・贅沢なもんですよ(笑)

    人間様も、贅沢になりました、飽食の時代です。

    北旅たちが、子供の頃は食べ物を残して捨てるなんて
    考えられなかったです、母から、大目玉でしたね・・・・


    時代が違うよって    なるほどそうかも? 


    中国、インドがどんどん経済発展してきたら、食糧も
    諸資源も、不足してくるらしい?

    札束がいくらあっても、買う食料が無くなったら?
    売ってくれなくなったら? 


    鍋一つで家族全員が雑炊を啜ることになるのかも????















    
[PR]

by jyuujin | 2013-06-09 06:00 | Comments(12)

Commented by getteng at 2013-06-09 07:51
北の旅人さん
中印はやがて地球上のあらゆる資源を食い尽くそうとしております。
何で米中首脳会談でそのことが話題にならなかったのか不思議です。
その内、人間間引きの核戦争が起こるかもしれませんよ。
尖閣や南沙諸島問題等全ては「人口」の問題です。
Commented by 湘南ジージ at 2013-06-09 08:12 x
おはようございます
この豚ちゃん達 可愛いとみるか
可哀想とみるか???
人間様に食われるために生まれてきたとしたら
悲劇ですね
しかしそれが彼らの喜びか??
当家 結婚当初は奥方と「一つ鍋」&「一つ布団」だったことをお知らせします!(プッ!)
Commented by Imaipo at 2013-06-09 08:18 x
おはようございます
確かにそうなると困りますね
残さず食べなさいの教えが肥満の原因かな?(笑)
Commented by ヒューマン at 2013-06-09 08:31 x
おはようございます
まさに飽食の時代ですね
ヒューマンの子供のころは、「ご飯を残しては駄目。お百姓さんが1年間かかって、作ったものだから」と教えられました
Commented by 北の旅人 at 2013-06-09 09:25 x
◆gettengさんこんにちは・・・
  ”猿の惑星”と言う映画がありました・・・
  核戦争が起こり人類が滅亡し、猿が主体の
  世の中になってしまった…人間が家畜同様に
  扱われてました(汗)  
Commented by 北の旅人 at 2013-06-09 09:28 x
◆湘南ジージさんこんにちは・・・
  そうでしたか、鍋一つ、布団も一つ、
  貧乏されてましたね(プッ)
  えっ、そうではない?意味が違う?って?
Commented by 北の旅人 at 2013-06-09 09:36 x
◆imaipoさんこんにちは・・・
  離農による休耕田畑がふえてますが、
  誰かがそこで、農業を引き継ごうとしても
  高いハードルがあるようですね・・・
  現金の蓄えが1,000万円以上あること、
  妻帯者であること、地域の農協の承諾が
  必要とか? いろんな方面、意味で規制緩和が
  必要ですね(他にも同様な煩雑な規制が)
Commented by 北の旅人 at 2013-06-09 09:40 x
◆ヒューマンさんこんにちは・・・
  そうそう、お米という字は、農家の方の
  八十八の手間がかかっているとか?
  コンビニ弁当、賞味期限が過ぎると全て
  廃棄らしいですね・・・う~ん?
Commented by ベル at 2013-06-09 14:12 x
ベル家も子が離れ、親が施設で家族が減りました。
エンゲル係数が低くなり、食事も高齢化であっさりした物が多くなりました。
そして食費もそれに伴い少なくなりましたね。
それに比例するように、医者代が嵩むようになりました。
猫と鍋一つにならないように頑張りたいわ(笑)
因みに猫さんは高齢猫用の特別食です(゚m゚*)プッ
Commented by 北の旅人 at 2013-06-09 19:45 x
◆べるさんこんばんは・・・
  人間って、一人が結婚して二人になり、やがて・・・
  子供が一人、二人と増えて、そして、また
  独りずつ減っていって、最後はまた元の
  独りで、人生のゴールインか~(汗)
  ゴールはまだ先と考えてますが、そのゴールの
  しかたも、いろいろのようですね。
  今日を、今を大切に生きていきましょう!
Commented by 大連三世 at 2013-06-10 05:57 x
おはようございます。
ああよかったぁ・・。
始めて読む句でしたが、解説通りに理解できました。
戦中生まれで粗食の時代を経験し、バブリーな時代に働き
飽食三昧、人生の終盤は栄養過多で生活習慣病満載
インド中国に限らず私たち日本人も戦後数十年で資源も食料も食い尽くしてしまったように感じます。
鍋一つの暮らしもいいのではないのかなぁ・・・。
Commented by 北の旅人 at 2013-06-10 13:43 x
◆大連三世さんこんにちは・・・
  考えてみると、我々の生活も、もう少し
  ストイックに見直す必要があるのかも? 
  ですね・・・TPPでどんなことが決まり何が
  どう変わるのか? 興味深いですね。
  我々も関心を持って、見守る必要がありそうですね。